彼氏が欲しいなら視線を上手に使ってみよう!

恋愛で成功するには視線を上手に使ってみよう!

本日は比較的成功例が多い恋愛でお目当の相手を振り向かせる時に使う視線の使い方のお話しになります。恋愛に関わらず視線の使い方と言うのは人と人とがコミニュケーションを測るのには欠かせない事になりますので是非ご参考にして見て下さい。

 

先ず、お目当の人が出来たら皆さんはどうしますか?面識も無いのにいきなりデートに誘ったり、告白をするのはナンセンスですよね。その前に先ずは1段階、面識を付ける事が必要です。

 

その時に使うテクニックですが、相手がこちらを見ていない時に相手の事を何気無く見るという視線を意識したテクニックです。そして相手がこちらの目線に気が付いたらさっと目線をそらします。

 

そうしていると、相手からすると『私が見ると目線をそらす人、恥ずかしがり屋なのかしら』と、不思議に思うでしょう。そしてこれもあまりしつこくやってしまうと相手に不審がられてしまいますので、ある一定の時期が来たら相手に話しかけます。相手からすると自分の事を見ていた人だと思い、抵抗も少ないはずです。

 

そして相手と話す時には必ず目を見て話しましょう。実はこれがポイントなのです。相手にすると自分が見ていない時に視線を送っていた人が今はしっかりと自分の目を見て話しをしていると、ある意味視線を通して貴方にマインドコントロールされている感じになるのです。

 

ですので自ずと心も開放的になり、コミニュケーションも取りやすくなる為に恋愛成功の一歩として前進する事が出来るでしょう。

 

男性は未だに女性の上目遣いに弱い!

また、大好きな彼をドキドキさせるには、上目遣いをして見てください。

 

上目遣いは下から上を見るように相手の顔を覗くことです。当たり前ですよね。だから必然的に目が上を向きますが、そうすると目がいつもより大きく見えて、可愛らしい表情に感じます。これが案外馬鹿にならないほど男性には効果を発揮するんですよね。

 

自撮り写真を撮るときもカメラを上にして、斜め下から覗き込むように撮影すると写りがよくなりますよね。

 

人は下からのアングルが可愛く見える角度なのです。

 

また上を見るのは自分よりも高いところを見上げる場合の行動です。また子どもは多くのものが自分よりも上にあるので一生懸命に上を見上げようとします。

 

だから上目遣いをされると、子どもが真剣に自分の存在をアピールしているようで可愛いと思えるのです。下から目を上にあげて顔を見てくれることで、自分のことをしっかりと見ようとしてくれていると感じます。また自分よりも低い位置にいる彼女にか弱さを感じて、守ってあげたくなるんです。

 

なので、ドキドキさせるために彼のことを上目遣いで見つめてください。猫が甘えるような感じで上を見れば、ピュアで愛らしい表情の出来上がりです。

 

しかし、上目遣いをするにあたって注意する点があります。それは周辺状況ですね。

 

例えば、真面目な話をしているときや他の人も一緒にいるときは狙ってやっているように感じてしまうことがあります。そうするとか弱さよりもあざとさに目がいくので下手したら引かれてしまうでしょう。あくまで二人きりの状況などで上目遣いにチャレンジしてみましょう。

 

彼氏が欲しいなら? TOPへ戻る

関連ページ

スマホゲームを楽しめると恋愛に有利!?
最近は彼氏を作るのにスマホゲームの話題についていけるとコミュニケーションが取りやすいですね。彼氏が欲しいという方は少しスマホゲームをしてみるといいかもしれませんね。
男性は食べ方の綺麗な女性が好き!
恋愛と食事のマナーや作法って意外と関係していますよね。男性は食事中の女性のしぐさを良く見ていますので、彼氏が欲しいという方は食事中の作法などに特に気を付けるようにしましょう。
字の綺麗な女性は好かれる?
PCやスマホの発達により、最近では字を書く機会が極端に減りました。しかし、綺麗な字を書ける人また綺麗に書こうと努力している人はとても魅力的です。綺麗な字を書く事は恋愛にも活かせるでしょう。
雨と恋愛
恋愛には違った視点を持つ事も重要です。雨というとネガティブな気持ちになる人も多いですが、彼氏が欲しいと考えている人は、雨の日をポジティブにとらえると良いかもしれませんね。
間違ったモテテクニックについて
間違ったモテテクニックでは男性の心を掴めないばかりか、マイナスの印象を相手に植え付けてしまう事になります。このページでは間違ったNG恋愛テクニックについて詳しく説明しています。
気になる人からご飯に誘われるコツ
あなたは気軽に男性を食事に誘う事はできますか?それは難易度が高い!と思う人も多いのではないでしょうか。このページでは簡単に男性からご飯に誘われるコツを紹介しています。